浴衣の着付け方法

浴衣の着付け術マスター!着付け方法を詳しく説明

最近では着物や浴衣を着る機会がほとんどなくなってしまいました。いざ夏祭り・花火大会などで浴衣を着る際着付け方法が分からずにお困りの人はたくさんいるのではないでしょうか?そんな人にために今回は浴衣の着付けを説明します。

浴衣の着付けパート1

まず着付けの際しゃがむことがないように腰紐・帯などは椅子などに掛けておきましょう。では早速着付けの説明をします。浴衣を羽織って両方の袖を引っ張り、背中の中心と浴衣の中心を合わせます。お腹の位置あたりで浴衣の前後を持ちくるぶしが隠れる高さまで裾を上げます。裾の高さが決まれば浴衣を左右に大きく広げ浴衣の上半分の軸はずらさず、下半分の軸を左右均等となるように調整します。下半分の軸を合わせることによって、浴衣を巻く時に余ってしまったり足りなくなることを防ぎます。そして右手の方を左脇へ持っていきます。この時端を少し上げるようにして重ねましょう。同じように端を少し上げながら左手の方もたるまないようにぴったり合わせ、しっかりと手で固定しておきます。これでパート1は完了です。

浴衣の着付けパート2

ではパート1に続いて説明していきます。腰紐を腰骨より上の位置で巻いていきます。着崩れしないように1度きつく引っ張り中心から少しずらした脇の位置で片蝶結びにします。余った紐は巻き付けた紐に挟んで整えます。では「おはしょり」と呼ばれる帯の下にできるたくしあげた部分を作っていきます。前後共に浴衣の脇の穴から手を入れシワになっている部分を手で下へ押すようにしてシワ伸ばしていきます。その後背中の中心部分を持って下へ引っ張り襟の後ろ側を少し空けます。おはしょりの上で最初に結んだ時と同じように紐を結びます。ここでは紐をそれほど強く結ぶ必要はありません。最後にお腹と背中のシワを脇に寄せ伊達締めをすれば着付け完成です。

浴衣の着付け番外編

帯結びのバリエーションを増やせば着付けがより楽しくなります。帯の結び方には蝶結び・リボン結び・文庫結び・みやこ結びなど数々の種類があり見た目や雰囲気・難易度によって自身で選び挑戦してみましょう。
最近では着付け教室で着付けを学ぶ人も増加しています。日本人だけではなく外国人も日本文化である着付けを学んでいます。1度プロの着付師から浴衣や着物の着付けを学ぶのもよいかもしれません。
浴衣や着物を着る機会は昔に比べて格段に減ってしまいましたが、夏祭りや花火大会などイベントの際には日本人として悩むことなく着付けができるようにしておきましょう。浴衣や着物を簡単に着付けることができるようになれば周囲の人から一目置かれることは間違いありません。